スポンサードリンク

喉が痛い、咳で苦しい ─台所のあるもので、簡単に治る

暮れにおせち料理に使って、残った材料がありますよね。

水あめ。

これを、大きいスプーンにクルクルっと大きくからめとり、
そのままほおばって、溶けるまでなめていてください。

市販の風邪薬で治らない、ひどい喉の痛みや苦しい咳が不思議と治まります。

民間薬を冷ややかな目で見ていた我が家のお姉さん、
二晩苦しんだ挙句、ついに頼ってきました。

すかさず、口いっぱいにスプーンつき水あめをほおばらせておきました。

スプーンつきでくわえていると、喉がよく開き、長時間、水あめが喉を潤しているので具合がいいのです。
1回で、ほとんどよくなります。


翌朝まだ痛みが残っているようなら、今度はティースプーンに軽く一つ。

水あめは、大量になめると気持ち悪くなるので、この程度で。

一眠りしたら、「ワ〜イ、治った、治った」
と、ニコニコ顔で起きてきました。

風邪で消耗した体力も、バッチリ回復。


この効き目は、胃が痛いときにも即効です。


経験的に用いてきた我が家の秘薬は、
あるとき、膠飴(こうい)という漢方薬であることが判明。



中医学の本には、

性味:甘、微温
効く場所:脾・胃・肺
(東洋医学の脾は、消化吸収の働きのこと)
効能:補虚建中・緩急止痛・潤肺止咳
(中は、腹部のこと)

とありました。

むずかしいことは分からなくとも、字面から、
「消耗した体力を補い、腹部を温め消化吸収をよくし、ひどい痛みをやわらげ、肺を潤して咳を止める」
働きがあることが読み取れます。

潤す作用から、水あめは乾いた咳のときに効くので、高熱があってゼイゼイ、ゴホンゴホンの痰がともなう湿っぽい咳のときにはやめましょう。


風邪の引き始めの、喉の痛みだけの段階に水あめをなめると、
それっきり治ってしまって、咳にも発展しません。
─我が家の家族比。


普通の食べ物なので、恐れず、試しましょう。
原料はコメや麦の粉に麦芽(麦もやし)を加えたものですから。

固形の水飴には効きめがないそうです。

posted by anti at 14:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハーブ 医食同源
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。